地力

2014.06.27

カヌースラロームワールドカップ前半戦も終わり、サッカー日本代表のグループリーグも終わりました。

試合後の内田篤人選手のインタビューを聞いて感じていることは同じと思いました。
以下は内田選手のインタビュー

「自分たちのサッカーをすれば勝てますよ、それは。でも、できないから。これが地力じゃないですか。何回も言ってきましたけど、いつもどおりやればいいと思っていた。それをやれないんだけど。そういうレベルだから」

内田の覚悟は結果に結びつかなかった。「世界は近いけど、広いなと」。あらためてそう感じた。

実際、選手達の力は世界のトップに比べたら体力的にも経験的にも足りていないのは事実。でも、試合で実力を出せばもっと戦えるのにそれが出来ない。試合とは実力を試し合う場。いつも以上のことが試合でしたいなら試合でしたいことを練習する。単純なことだと思います。
そしてコーチも同じように選手とともに経験し、成長して行かなければならない。そう感じたワールドカップ前半戦でした。
焦っては行けないけれども時間は無い。毎日毎日を大事に行かなければ!
image